close close

ギリシャ ゴールド ガラスリング

作品名 ギリシャ ゴールド ガラスリング
制作年 紀元前4世紀 - 紀元前3世紀
制作国 未詳
制作者 未詳
素材 ガラス、ゴールド

作品説明

右上側に矢を向けたゴールドのキューピッドの上に楕円形薄緑色のガラスをゴールドでベゼルセットしたリング。ヘレニズム時代。

解説

このリングベゼルの技法は比較的単純である。金箔をカットして造形したモティーフの上に、ペーストを注入するのである。ゴールドの羽根を持った逞しいキューピッドは矢を放とうとしているが、あたったものは恋に落ちてしまう。
キューピッドは女性に大変人気があり、紀元前4世紀から紀元後3世紀頃までのジュエリーのモティーフとして、しばしば用いられる。

ダイアナ スカリスブリック