close close

クロス型 リング

作品名 クロス型 リング
制作年 4世紀(ローマ時代後期)※フープ:恐らく後世
制作国 未詳
制作者 未詳
素材 ゴールド、ルビー、エメラルド

作品説明

ゴールドリングのフープはビーディングを施したショルダーへと続き、クロス型のベゼルを支えている。ベゼルには2石のエメラルドがオブロング(長円形)型のセッティングに留められており、そのセンターの丸いセッティングに留められた第3のエメラルドの上下にはルビーが2石ずつ同じ丸いセッティングにセットされている。

解説

このリングにセットされている色のコントラストと石の数は、希少な宝石に対する関心を反映しており、ローマ帝国の数々の征服によって刺激されたものである。同じようなコレットセッティングに関しては、チャドゥーア・シンプソン著『リングス;アリスおよびルイス・コッホ・コレクション』(リード刊、1994年)No.438を参照。

ダイアナ スカリスブリック