211
close close

ソクラテス インタリオリング

作品名 ソクラテス インタリオリング
制作年 インタリオ:紀元前2世紀後期、リング:近年
制作国 未詳
制作者 未詳
素材 ゴールド、プラズマ

作品説明

ゴールドリングのフープはショルダーの部分で広がり、プラズマ(ダークグリーンのジャスパーの一種)のインタリオをセットしたうねった楕円のベゼルを支えている。インタリオはソクラテスの肖像で、頭は禿げ、しし鼻で顎髭を生やし、右向き横顔を見せている。

解説

優れた知性と徳の高さにおいて名高い、このギリシャ人哲学者の教えは、古代から現代に至るまで知識人に影響を与えてきた。このインタリオは恐らく、プラトン主義者たちがシグネットとして用いたものであろう。彼らは、プラトンの師ソクラテスの思い出をたたえていた。(Richter 1971 No.416 and Henig 2002 229-30 fig.1のグロスタシャー付近で発見されたレッド・ジャスパーのインタリオを参照)

ダイアナ スカリスブリック