close close

ダイヤモンド 噴水のブローチ

作品名 ダイヤモンド 噴水のブローチ
制作年 1925年頃
制作国 フランス
制作者 未詳
素材 プラチナ、ダイヤモンド

作品説明

フランス製のアール・デコのダイヤモンドをセットしたブローチは二段の噴水を象っていて、これを支える台座の上には二つの取っ手のついた花瓶があり、水が滝を成して楕円の鉢へと流れ落ちている。

解説

1925年にパリで開催された万国博覧会のシンボルとして選ばれた、ライティングされた噴水『ジェ・ドー』はジュエラーたちから、ここにあるようにティアラとブローチに採用された。長くかつ短い長円形を成す水のカスケードには、それぞれが異なった光のアクセントを放つブリリアントカットとバゲットカットのダイヤモンドがセットされている。
噴水は建造物の一部であるかのようにデザインされており、同じようにダイヤモンドだけがセットされている。ブローチとしてはこの作品は新しいチュニックスタイルのドレスのハットやショルダー、ボディス、ベルト、スカートに輝きのアクセントを与えたであろう。
他の何にもまして、噴水のテーマは同博覧会だけでなくアール・デコスタイル全般に結びついている。

ダイアナ スカリスブリック