1201
close close

ダイヤモンドとオニキス ブローチ

作品名 ダイヤモンドとオニキス ブローチ
制作年 1912年頃
制作国 未詳
制作者 ティファニー
素材 プラチナ、ゴールド、ダイヤモンド、オニキス

作品説明

プラチナのブローチは個々のコレットに収められた12石のブリリアントカットダイヤモンドを取り巻く二重のオニキスのサークルとしてデザインされており、その両サイドはチャンネルセッティングのダイヤモンドのバーでグリップされている。

解説

いわゆる「ブラック&ホワイトルック」と幾何学的なシェイプは、シャルル・ジャコがカルティエのためにデザインした1920年代のアール・デコのブローチを予見するものである。
M.シャザル監修『アール・デコジュエリー、シャルル・ジャコ、天才ジュエリーデザイナーとブシュロン、ラリックらの輝ける時代』展(2006年、東京)におけるセクション11白とダイヤモンド、オニキスのアール・デコ」No.105、106を参照のこと。

ダイアナ スカリスブリック