007
close close

ネオ・アッシリアン アゲート シリンダーシール

作品名 ネオ・アッシリアン アゲート シリンダーシール
制作年 紀元前8世紀 – 紀元前7世紀頃
素材 アゲート

作品説明

2つのシーンが彫られており、そのひとつは、顎髭を生やした英雄がイベックス(野生の山羊)の上に立って2頭の羽の生えたライオンを後ろ脚のところで捉えており、その尻尾には小鳥が止まり、両脇の上には星が、下には駆けるイベックスが描かれている。もう一つのシーンは、1本の木の上に両翼を具えた円盤が配され、そこにあごひげを生やした3面の顔を持つ神が描かれており、両翼の上には雄牛が、木の両脇にはたたずむ半牛人が描かれている。

解説

財産を確定するために、または契約に対する合意を示すために用いられたこのようなシールは、紀元前3500年頃に初めてユーフラテス渓谷に登場する。それらは、その時代までに達成された社会および経済組織の高度さを示すものである。同様の長く引きのばされた様式で制作された、神々や英雄たち、王族と従者たち、動物たちの似たような図像を帯びたシリンダーシールはアッシリア人たちによって採用され、紀元前538年のペルシアによるバビロンの征服まで使用され続けた。

ダイアナ スカリスブリック