カボションエメラルドリング
close close

ビザンティンのエメラルドリング

作品名 ビザンティンのエメラルドリング
制作年 5世紀 – 6世紀
制作国 未詳
制作者 未詳
素材 エメラルド、ゴールド

作品説明

ゴールド・リングのオープンワークによるフープは螺旋状のワイヤーワーク(針金細工)で満たされ、その先のビーディングを施したショルダーが支えるオーヴァルのベゼルには、くぼんだ縁飾りの中にエメラルドがセットされている。

解説

ローマ時代後期の“オプス・インテルラシレ”のジュエリーをオリジナルとするこのオープンワーク装飾は、ビザンティウムのジュエラーたちにより東ローマ帝国において採用されたものである。もう一つのビザンティン趣味の典型は、明るい色彩の宝石への好みであり、皇帝一族のモザイクによる肖像に見られる通りである。

ダイアナ スカリスブリック

ジュエリー用語集 【ビザンティンスタイル】