Power-of-Loveリングコレクション3445-min
close close

ボウノット・リング

作品名 ボウノット・リング
制作年 18世紀中期
制作国 未詳
素材 ルビー、ダイヤモンド、シルバー、ゴールド
サイズ L14mm, W20mm, H20mm

作品説明

ゴールドとシルバーのリング、シンプルなフープはフォーク状のショルダーと同化している。ショルダーの間のスペースは葉状のスプレイで埋められ、ベゼルを支えている。ベゼルはダイヤモンドのリボンとルビーのリボンがボウノットに結ばれた形を取っている。

解説

花のようであるリボンのモチーフは結ばれていないものもここでのように結ばれたものも18世紀に好まれたものであった。これはまた男性と女性の結びつきの象徴である“ラブ・ノット”を示してもいる。

ダイアナ・スカリスブリック