901
close close

レダと白鳥のペンダント

作品名 レダと白鳥のペンダント
制作年 1898年頃
制作国 フランス
制作者 ルネ・ラリック
素材 ゴールド、エナメル

作品説明

ゴールドペンダントは、エナメルを施した睡蓮のフレームの中に長く編んだ髪を乾かしている女性の裸像が収められている。彼女は足元の、プリカジュールの青い池に浮かぶ白鳥を見つめており、白鳥はくちばしを彼女の方に向けて近づいている。フレームの基底部には、2本のスイレンとダークブルーのサファイアが配され、長方形の縁飾りが囲んでいる。

解説

美しいニンフのレダを、白鳥に変身したジュピターが誘惑する物語は、ルネ・ラリック(1860-1945)に対して「美女の裸像」という素晴らしいモティーフ、すなわち伸ばした両腕で高く支えられた、流れるような長い髪が縁取る美しい顔、青い水の上を進む優雅な長い首の白鳥、スイレンあるいは蓮の花といった要素を展開する口実となっている。このペンダントは、いかなる特別な機能にも縛られず自由に垂れ下がるという点が、このような一服の絵で満たす理想的なスペースを作者に提供し、古典的芸術を起草としながらもアール・ヌーヴォー、の精神で全面的に表現し直されている。Y.ブルンハンマー著『ルネ・ラリックのジュエリー』(ニューヨーク刊、1998年)183ページ参照。

ダイアナ スカリスブリック