4.14A-333ラリックプラークP
close close

行列のプラーク

作品名 行列のプラーク
制作年 1902-05年頃
制作国 フランス
制作者 ルネ・ラリック
素材 エナメル、ゴールド
サイズ L450mm, W180mm, H20mm

作品説明

ゴールドの長方形のプラークには4人の尼僧の行列がイングレイヴィングで彫られており、古色を帯びたゴールドの彼女たちの顔はヴェールで覆われ、乳白色のホワイト・エナメルの僧衣をまとっている。裏側は乳白色のホワイト・エナメルで覆われている。ルネ・ラリック製作、パリ製、1902-1905年頃。

解説

これらの人物像には不思議な雰囲気が漂っている。彼女たちは女司祭とも呼ばれるが、クリスチャンなのか、あるいは異教徒なのかはっきりしない。ラリックはいくつかの異種モデルを創造しており、それについてはS.バーテン著『ルネ・ラリック:ジュエリーとオブジェ・ダール1890-1910』(1977年)fig.653-1, 2, 3を参照のこと。ペンダントにマウントしてギンセンソウの花のフレームに収めた実例が1点、ジュネーヴのミュゼー・ド・ロルロジュリ・エ・ド・レマイユリ(時計とエナメル博物館)に所蔵されている。

ダイアナ スカリスブリック