close close

鐙型サファイアリング

作品名 鐙型サファイアリング
制作年 1400年頃
制作国 未詳
制作者 未詳
素材 サファイア、ゴールド

作品説明

ゴールドのスターラップ・リングのプレーンなフープは迫り上がって高いベゼルへと至り、その頂点にカボション・サファイアがセットされている。

解説

このタイプのゴールド・リングは、中世初期にはステイタスと富のシンボル以上のもので、ひとつの護符でもあった。サファイアは、これを着用する人を病と投獄などの様々な不幸から守ると信じられていたからである。

ダイアナ スカリスブリック

ジュエリー用語集【鎧型/スターラップシェイプ】